ミノキシジル配合のジェネリック育毛薬カークランド

カークランドはロゲインのジェネリックとして開発された、育毛剤です。

アメリカの企業が開発した製品で、開発元の社名がそのまま製品名になっており、企業として製品への注力度合いを窺い知る事が出来ます。

カークランドの主成分はミノキシジルで、頭皮への栄養供給と発毛促進効果を齎す事が科学的にも証明されたものとなっています。

ミノキシジルの配合割合については5%の製品まで存在し、日本で認可されているミノキシジル系育毛剤より高い値になっていて、効果も強く出易いと考えられます。

但しもともとは高血圧治療の目的で開発された薬でもある事から、低血圧や頭皮の痒みといった副作用が見られる事もあります。

ロゲインと同様に日本では未発売の為、日本での使用においては個人輸入が必要となります。

ロゲインと比較すると価格面ではジェネリックの特性から明らかに価格面では優位で、他の薬用育毛剤と比較してもランニングコストは格安となるのが特徴です。

前述の副作用の存在と、成分の配合そのものが欧米人向けである事から、特に使い出しの時点では慎重を期したいものと言えます。

ですが塗布型の育毛剤である事から日々の習慣には採り入れ易く、且つランニングコストの安さも相まって、継続的な薄毛の改善・予防に対して高い実力を発揮するものとなっています。